深夜の河原事件

深夜の河原から鳴り響く「キーキー」という錆びついたタイヤが回る音。そして、数人の足音と、クスクスと笑う声。時折「もうムリー」という苦痛の音。いったいこんな夜更けに何が起こったのでしょうか。それは夕食も済ませた後のこと。忙しくて散歩に行けなかったので、母が運動がてら愛犬(ゴールデン)の散歩に行った時の出来事です。夜なのでほかに人もいないですし、散歩をしている人もいないということもあり、我が家の愛犬はリードを放してもらい、川に入って泳ぎまくります。そして、潜ってみたり、川の中にいるヌートリアルと追いかけてみたりとはしゃぎまくります。もともと飼い主以外の人のところには向かっていかない犬なので、昼間に散歩をしても同じような感じになるんですけどね。この日は泳ぎだしたら止まらなくなり、疲れた母は一度家に帰り、また河原に戻ることにしました。犬を迎えに行った母がなかなか戻らないので心配になり、弟と河原まで行くと、母が「犬が川から上がってこられなくなったの。下に降りて、上げてあげて」とのことです。仕方なく川に降り、犬を2人がかりで土手まで持ち上げました。もう、犬は歩けなくなっていました。いったい何があったのか…家まで距離があるので私は家に帰り、一輪車を取ってくることにしました。一輪車を動かし始めると「キー…キー…」と錆びついた音が。そんなこと、かまっていられないと思い河原まで走っていくと、向かいからくる人影が悶えています。よく見ると、母と弟が腹を抱えて笑っています。「やめてー!その音!犬も乗りたくないって歩き出したわ」と大爆笑です。なんと、歩けなくなるほど川で遊んだ犬が私の一輪車の音を聞き、歩き出したというのです!せっかくの好意が無駄になり、しかも笑いのネタになり…なんとも恥ずかしい気持ちでいっぱいになったものの、「キー…キー…」という音だけがむなしく深夜の河原に響き、耐え難い笑いが込み上げてきた事件でした。今でもこの話になると、家族は死にかけるくらいの笑いの渦に巻き混まれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ